性能テスト動画【ソフトバリカー】

ソフトバリカー実車屈曲(弾性)試験 の様子

弾性車止めソフトバリカー(Soft Barricar)を乗用車で倒し、復元性能を確認する。

復元(自立)についてはゴムの素材特性による弾性です。

曲がった写真の弾性車止めはよく見かけますが、ちゃんと元に戻ることを確認いただけます。
車止めが弾性により曲がることで製品自体の破損軽減、車両への影響軽減、歩行者や自転車に優しいという利点があります。

 

弾性車止め 夜間視認性 性能試験

弾性車止めソフトバリカー(Soft Barricar)の夜間視認性を確認する。

夜間の視認に優れた太陽電池式の自発光ユニットを装備したタイプがあります。

また、再起反射タイプは本体全体にガラスビーズを施してあり反射テープだけでなく全体が反射で光ります。
非常に視認性に優れ連続して設置することにより歩車道分離標・視線誘導標としても使用いただけます。
夜間の視認性により車の運転者、歩行者、自転車の運転者に車止めの存在を明示し不慮の衝突や接触を減らすことができます。